FC2ブログ

【取材】整体 揉々(もも)さん  



先週、東西線、大江戸線の門前仲町駅から歩いて3分、
整体揉々(もも)さんに取材をさせて頂きました。

明るい雰囲気の癒しの空間で、
女性の方でもまったく気後れすることなく利用できる雰囲気でした。

名医の窓口にも掲載していますが、
こちらでも紹介させて頂きます。

謙虚の中に施術への確かな自信を感じさせてくれる木村院長。
取材日は本当にお世話になりました。
アドバイス通り他の施術を体験して、
80分コースを体験させて頂きたいと思います。

取材から揉々(もも)さんの魅力を感じ取って欲しいですね。





白を基調とした明るい空間。入口側の採光が良く、室内の植物たちを日差しが柔らかく照らし、店内に一歩足を踏み入れただけで気持ちがスッと落ち着く。人柄の良さが表情ににじみ出る木村院長は、アパレル業界からの転身。会社員時代からマッサージの上手さを同僚に褒められていたそうで、今まさに天職を得たと言えるだろう。


ほぐしと体幹ストレッチ、矯正、気功をバランス良く取り入れる。お勧めのコースはじっくり80分の時間を掛けて6千円のお手頃価格。定期的に身体のメンテナンスを行うなら、来院時にはこの程度の時間を取りたいものだ。





アロマに観葉植物、長くアパレル業界にいたことを感じさせるセンスの良い空間。気が向けばそこらの喫茶店よりはるかに美味しいというコーヒーを、ここで挽いて淹れることもあるのだそうだ。そんな木村院長にお話を伺うことができた。





― 施術に気功を取り入れていますね。
「ええ。病気で悩んでいる方への対応を考えたとき、気功を学び施術に取り入れたいと思いました」


― 気功を学ばれてどのくらいになりますか。
「3年ほどになります。経験を積むごとに、自分でも力が確実についていることが分かります。8年から10年ほどの経験を積んだとき、本当に一人前の気功師になっているという手応えをつかんでいます」


― 奥が深いものですね。
「ええ、本当に。ただ、私の場合は気功一本ではなく、ほぐし、体幹ストレッチ、矯正と、バランスの良い施術を心掛けています。症状はお客様一人ひとりで違いますから、その状態に合った施術を行わなければなりません」


― 名医の窓口は病気の痛みに悩むお客様がよくご利用されています。こうした方々に、なにかご提案を頂けますか。
「それは難しいですね。先ほども言いましたが、症状はお客様ごとに違うものですから、実際にご来院頂かないとなんとも言えない部分はあります。ただ、この空間でじっくりと時間を掛けて施術を行っていると、なにもお聞きしていないのに、病気のこと、家庭のこと、会社のこと、様々な悩みを話し始めるお客様が非常に多いのです。多分、今はこうした悩みを口に出せる場所が非常に少ないのだと思います」


― 身体だけではなく、心も癒されたいお客様が多いのでしょうか。
「そうなんでしょうね。なので、ここは身体だけではなく、お客様の心に寄り添える場所にしたいと常に考えています。身体の痛みは非常に厄介なものですが、心の痛みも同じようにケアが必要です。できれば定期的にご来院頂きたいですね」




― そういえば、店名はミヒャエル • エンデの物語「モモ」に由来するとか。主人公の「モモ」は訪ねてくる人の話を余計なことを言わずに聞いてあげるのでしたね。お客様にとっての揉々は、「モモ」に会える場所なのかもしれませんね。
「そうですね。そうあって欲しいです」


― 最後に、揉々さんの一番の特徴、セールスポイントのようなところがあれば教えてください。
「首、肩回りの慢性的な凝りと張りにお悩みなら、ぜひ当院をお試しください。ひとつお勧めしたいことがあるのですが、できれば他の施術院をいくつか体験された後でご来院頂ければと思います。すぐに違いが分かると思いますよ。人によって効果の感じ方はそれぞれですが、他を体験することで違いがはっきりと分かるはずです。言葉で色々と説明するより、これが一番当院の良さを理解して頂ける方法だと思います」


〔整体 揉々(もも)〕
東京都江東区永代2-36-14パレット永代101
電話03-6755-7944
営業時間10:00~21:00(水曜日は19:00まで)
不定休
HP http://www.seitai-momo.com/






多くの人に見て頂くため、ランキングへ協力をお願いします。







スポンサーサイト

Posted on 2015/06/11 Thu. 18:08 [edit]

category: 取材

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://iryounogenba.blog.fc2.com/tb.php/6-6e46feb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード