FC2ブログ

メールをありがとう  


メールを2通頂きました。
早くも情報かと思ったら、
競馬についての質問でしたよ。


競馬ブームが去ってずいぶん経つけど、
まだ熱心なファンが結構いるんですかね。


まあ、ブログも書き始めたばかりだし、
少し自分のことも書きましょうか。


僕は大学を中退して、
なんの経験もなしで競馬ライターになったんです。
フリーランスじゃなくて、
会社勤めのライターですね。


JRAのメディア関連の下請けをしている代理店があって、
競馬好きってだけでもぐり込めたんですよ。
景気の良い時代だったですからね。
まあ、ラッキーでした。


まだインターネットもあまり普及していない時代で、
JRAのメディアといっても文字放送とかキャプテンシステムですよ。
若い人なんか知らないだろうなぁ。


少しするとJRAのサイトができて、
そのうちグリーンチャンネルなんか始まって、
とにかく変化が激しかったですよね。


メディア自体はどんどん出来てくるんですが、
コンテンツが明らかに足りないわけです。


競馬の知識だけは異様にあると評判でしたから、
色々と相談も受けまして、
JRAサイトのコラムものや、
グリーンチャンネルのタイム分析ものなんか、
僕の関わったものの残骸のようなものがまだありますね。


ちょっと驚いたのが、
JRAの50周年記念サイトで書いた思い出の名レース、
まだ残っているんですねぇ。


その他にも色々と残っていて、
相変わらずコンテンツ不足なんじゃないですか。
景気の良い時代に、
ライターを蔑ろにしてきましたからね。
競馬の魅力を伝える人が育たないんじゃ厳しいですよ。


この思い出の名レース、
全部で20話書いたんですが、
キーストンの阪神大賞典でずいぶんメールを貰いましたね。


今読み返すとちょっと恥ずかしいですが、
この字数でこのレースの感動を伝えるのに苦心したことを思い出しました。


今では遠い思い出ですが、
競馬の魅力をなんとか伝えようと必死だったんです。


そういえば今週末は日本ダービーなんですね。
ミスターシービーで競馬を覚え、
ナリタブライアンくらいまでは欠かさず競馬場に馳せ参じていましたが、
いつしかテレビ観戦、
最近は結果を夜のニュースで見るようなダービーデーになってしまいました。


メールを頂いたことで、
色々と懐かしい思いを感じさせて頂きました。


せっかくなので、
今週は久し振りにダービーの馬券でも買ってみましょうか。


代替医療とは全然関係のない話でごめんなさい。
今日はこのへんで。




多くの人に見て頂くため、ランキングへ協力をお願いします。













スポンサーサイト

Posted on 2015/05/27 Wed. 23:43 [edit]

category: 雑記など

tb: 0   cm: 0

代替医療ってなんだろう  


補完・代替医療。
なんとなく聞いたことのある言葉ですが、
この年になるまでことさら意識はしてこなかったですねぇ。


Wikipedia風に少し書かせて頂くと、
一般的には現代西洋医学において科学的未検証、
および臨床未応用の医学・医療体系ということなるでしょうか。


インターネットの発達にともない、
近代西洋医学に縛られない代替医療を求める声は、
世界的に大きくなっているようです。


代替医療に取り組む政府機関がない日本ですが、
漢方薬や鍼灸、柔道整復などを保健薬として認めるなど、
実は代替医療を積極的に実践活用している国でもあるんですね。


ただし、通常医療となる現代西洋医学に取って代わる代替医療は存在せず、
科学的根拠のない治療法を押し付けるようなことは避けなければなりません。



通常医療と代替医療を統合したものを、
日本の厚生労働省は“統合医療”と定義しています。


説明を抜粋すると、
統合医療は近代西洋医学と相補(補完)・代替療法や
伝統医学等とを組み合わせて行う療法であり、
多種多様なものが存在するとしています。



大丈夫ですか?
もう少し頑張って読んでくださいね。



米国の国立補完統合衛生センターでは総合医療を
「従来の医学と、安全性と有効性について質の高いエビデンスが
得られている相補(補完)・代替療法とを統合した療法」
と定義しています。


エビデンスってのは、
証拠とか根拠ってことですかね。



相補(補完)・代替療法についての具体的な分類を見ると、
ハーブ、ビタミン、ミネラル、プロバイオティクス、
サプリメント・健康食品など天然物と、
鍼灸、マッサージ療法、瞑想、運動療法、リラクゼーション、
脊椎の徒手整復術、太極拳・気功、ヨガ、ヒーリングタッチ、
催眠療法などの心身療法に大きく分けています。



世界保健機関は伝統医療について、
「それぞれの文化に根付いた理論・信心・経験に基づく知見、
技術及び実践の総和であり、健康を保持し、更に心身の病気を
予防、診断、改善、治療することを目的としている」
としています。



このような現状を踏まえつつ、
厚生労働省の『「統合医療」のあり方に関する検討会』においては、
「統合医療」を、
「近代西洋医学を前提として、これに相補(補完)・代替療法や
伝統医学等を組み合わせて更にQOL(Quality of Life:生活の質)を
向上させる医療であり、医師主導で行うものであって、
場合により多職種が協働して行うもの」と位置付けています。

※参考…厚生労働省「統合医療」情報発信サイト




なにやら分かりづらい書き方ではありますが、
代替医療のポイントは安全性と有効性について効果が認められていること。


さらに医療の主役ではなく、現代西洋医学での治療を効果的に補い、
患者の生活の質を改善することが最大の目的であると言っているわけです。




患者にとってはどちらが主役であっても、
病気の改善があればそれが一番なのですが、
このあたり、譲れない部分があるのでしょうねぇ。



現時点で私には日本の代替医療の立ち位置がよく分かりませんので、
時間を掛けてそのあたりをしっかり探っていきたいと考えています。


優れた代替医療を行う現場を知っているという方がいれば、
ぜひぜひ教えて頂ければと思います。
もちろん、ご意見や感想でも結構ですよ。
よろしくお願いします。


真面目なことを長々と書いていたら疲れてしまいました。
今日はこのくらいで。




多くの人に見て頂くため、ランキングへ協力をお願いします。














Posted on 2015/05/20 Wed. 22:40 [edit]

category: 雑記など

tb: 0   cm: 0

ブログを始めたきっかけ  


「代替医療の分野で取材をお願いしたい」
そんな依頼を受けたのは1ヵ月ほど前でしたね。


競馬という特殊な分野でライターのキャリアをスタートさせ、
その後は企業取材や人物取材が中心に。
コピーも経験しましたし、カメラもやった。


そのうちWEB関連の会社で便利屋になり、
なんとか中年期をやり過ごそうといるところです。
純粋なライターの取材も忘れ気味だったのですが、
思わぬ依頼に、ついOKの返事をしちゃったんですよね。




でも、OKしたのはいいのですが、
そもそも代替医療ってやつがよく分かっていない。
ネットで調べればなんとなく分かった気にはなりますが、
いきなり現場で取材するのは厳しいよなぁ。


ライターだから勉強して知識は入れますよ。
ただ、この1ヵ月、調べれば調べるほど分からないことが増えるばかり。


これまでオカルトくらいにしか思っていなかったものが、
結構信憑性のあるものに思えたりしてね。
苦しい思いをしている人が、
思わず期待してしまう気持ちも分かるようになりましたよ。


なんでこんなブログを始めたかと言うと、
なにか情報を貰える可能性があるかなって思ったからです。


実際に良くなった、効果があったという人の声は、
やはり確かめてみたい。
それが信じられるなら、
多くの人に伝えたいと思いますよね。


もちろん、その判断が難しいことも分かっています。
多くの経験が必要ですし、
そのためには、やはり患者の生の声を聞きたいのですよね。




現場の方々にもぜひご協力をお願いしたいのです。


30分でも1時間でも良いので、
ぜひお話を聞かせて頂きたい。


依頼を受けたメディアは新しい医療系のサイトなんですが、
代表は代替医療に絞って情報を発信したいと考えていて、
かなり熱い思いを持っている人です。


特に痛みに悩む人の役に立ちたいサイトをと考えていて、
「痛みを取るならうちに任せろ!」
なんて方からのご連絡があれば本当に嬉しい。


もちろん、取材してネットに載せるからお金を頂戴なんて、
そんなことは言いません。


まったく逆で、
取材の特集ページに取り上げて、
積極的に大きく紹介したいと思っているんですよ。


宣伝としても活用してください。
サイト側では多くの現場を紹介することで認知度が上がるし、
それでいいんです。


代替医療、
特に痛みへの効果的な対処を提案できるという方がいれば、
ぜひご一報を。


今は東京周辺しか動けませんが、
徐々に活動範囲を広げていきます。
どうぞよろしく!




多くの人に見て頂くため、ランキングへ協力をお願いします。











Posted on 2015/05/18 Mon. 20:17 [edit]

category: 雑記など

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード